証券訴訟・証券法規制執行

証券分野および政府規制対応における豊富な経験

ジョーンズ・デイは、証券詐欺に係るクラスアクションや株主代表訴訟において、主要な原告側法律事務所を相手に被告側企業を代理してほぼ全面的に勝訴を勝ち取ってきました。さらに、米国証券取引委員会(SEC)や各州の証券監督機関による調査において、クライアントに対し効果的かつ結果を伴う弁護・支援を提供しています。

  • ジョーンズ・デイは、M&Aやその他の企業間取引に関して提起された株主代表訴訟や証券詐欺に係るクラスアクションにおいて、被告となった企業や役員等個人を弁護します。
  • ジョーンズ・デイがクライアントに提供するサービスは、証券取引法・商品取引法違反等に基づく多くの行政・民事・刑事事件において、当局による調査・摘発および審査・裁判手続に関与することによって得られた豊富な経験に支えられています。
  • 米国証券取引委員会(各州事務所を含む)、主要な自主規制機関(SRO)や州監督機関による調査においても、クライアントに効果的な弁護・支援を提供しています。
  • 証券証券法等におけるフィデューシャリー義務に係るアドバイスの経験も豊富です。
  • ジョーンズ・デイでは、元米国証券取引委員会の上席であった弁護士が在籍しており、また連邦検察庁(ニューヨーク南部地区)で証券詐欺事件担当部のトップを務めた弁護士も複数名在籍しています。
 
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.