ワシントン

電話1.202.879.3939

Fax1.202.626.1700

ジョーンズ・デイのワシントンDC事務所の弁護士は、米国内外の大手企業および個人に関する様々な問題についてクライアントにアドバイスを提供します。多くの弁護士がクライアントのビジネスや利益に影響する政府機関で働いた経験を有するため、商取引、政府規制・調査をめぐるあらゆる問題への対応が可能です。

  • ジョーンズ・デイの取り扱い業務分野の実質的に全てをカバーする250名超の弁護士が、訴訟、独占禁止法、上訴、訴訟・紛争解決、政府規制、知的財産、M&A、金融機関規制、サイバーセキュリティ、税務、倒産などに関して国内外のクライアントに幅広いサービスを提供しています。
  • クライアントのグローバルなニーズを満たすために海外事務所の弁護士と連携し、国外の法域で生じたビジネスニーズにも対応しています。クライアントは、このグローバルなネットワークと、全ての事務所・業務分野をつないでシームレスな顧客対応を行なうことを可能にするべく設計された統合テクノロジーを利用することができます。
  • 当事務所の弁護士は、そのほかにも、移民法関連案件や刑事事件の上訴から住宅供給案件、リーガルクリニック(法律相談所)への人材派遣まで、様々なプロボノ(社会貢献)活動や公益活動に取り組んでいます。これにより、当事務所は、コロンビア特別区弁護士会の「2018年度優良プロボノ(社会貢献)法律事務所(2018 Pro Bono Law Firm of the Year)」に選出されました。
  • 当事務所がオフィスを構えているのは、連邦議会議事堂を眼下に一望できる歴史あるアカシア・ビルと、これに隣接したプリツカー賞受賞建築家リチャード・ロジャーズ卿設計にかかる最先端の技術を駆使した環境にやさしい建物です。
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.