上訴審訴訟

画期的勝利を導く革新的な弁護

ジョーンズ・デイは、上訴業務に携わる法律事務所の中でも特に優れた事務所として高く評価されています。ジョーンズ・デイの弁護士は、各州の裁判所から連邦最高裁判所まであらゆる裁判所での業務に対応しており、様々な実体法上の分野に関わる幅広いスキルと豊富な経験を持ち合わせています。

  • ジョーンズ・デイの弁護士は、連邦最高裁判所と上訴裁判所で継続的に弁護活動を行っています。過去10期中、ジョーンズ・デイからは16名の弁護士が連邦最高裁判所の法廷に立ち、32の事件で弁護を行いました。
  • ジョーンズ・デイでは、連邦最高裁判所のロークラークの経験を有する41名を含む経験豊富な弁護士が活動しています。
  • それらの弁護士は、様々な実体法上の分野に関わる豊富な経験の持ち主です。
  • 地方裁判所および上訴裁判所では、記録文書の作成をサポートし、争点が上訴に向けて適切に提示され、保存されるよう確保します。
  • ジョーンズ・デイの弁護士は、全国各地の事務所を拠点としているため、それぞれの地域で培われた上訴の技術を活用できるほか、地元の事件担当チームにも容易に連携することができます。
  • 過去に例のない法律上の問題が発生したときは、ジョーンズ・デイの他の業務部門と緊密に連携して解決します。
 

Areas of Focus