クリーブランド

電話1.216.586.3939

Fax1.216.579.0212

ジョーンズ・デイのクリーブランド事務所は、過去数十年にわたり、主要な企業及びその取締役会の最も重要な法律アドバイザーを務めてきました。当事務所のクライアントは、国内外の案件を抱えている企業であり、非上場の大企業から「フォーチュン500(Fortune 500:米Fortune誌が毎年発表する国際企業番付)」の選出企業まで広範にわたります。

  • クリーブランド事務所の弁護士は、独占禁止法・競争法、銀行・金融取引、事業再編・倒産、サイバーセキュリティ・データ保護、従業員福利厚生・役員報酬、エネルギー、ヘルスケア・ライフサイエンス、保険金給付、知的財産、調査・企業犯罪、労働・人事、M&A、プライベート・エクイティ、不動産、証券規制、税務といった分野において、高度な取引、規制上の課題、複雑な裁判・上訴に関する深い知識に裏打ちされたサービスを提供しています。
  • 米国、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアおよびラテンアメリカの事務所とのネットワークおよび卓越したチームへのアクセスを駆使し、クライアントが抱える複雑な案件を解決します。
  • クリーブランド事務所はまた、地元のリーガル・エイド・ソサエティ(Legal Aid Society:貧困層に法的支援を提供する団体)との連携をはじめ、リーガルサービスの無償提供も行っています。
  • 当事務所の弁護士は、クライアントへの対応に加えて、クリーブランド管弦楽団、プレイハウス・スクエア劇場、米国赤十字社、広域クリーブランド商業会議所(Greater Cleveland Partnership)、クリーブランド州立大学といった地域の主な市民団体、慈善団体および教育機関の理事会のメンバーとしての活動も行っています。
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.