不動産

資本形成から換価処分までアドバイス

ジョーンズ・デイの不動産プラクティスは多岐にわたり、その活動の場は世界中に広がっています。多くの分野をカバーするクロスボーダーの弁護士チームが連携することにより、不動産業界のあらゆる分野で複雑な状況に対処しながらクライアントの目標達成をサポートします。

  • ジョーンズ・デイのクライアントには、大手投資銀行、不動産ファンド、機関投資家、金融機関、「フォーチュン500」や「FT 500」のランクイン企業、上場または非上場の不動産開発会社、不動産販売会社、ホテルおよびホスピタリティ関連企業等が含まれています。
  • ジョーンズ・デイの弁護士は、環境、税務、金融、コーポレート、紛争解決といった分野の担当弁護士と連携し、包括的な解決策をクライアントに提案します。
  • ジョーンズ・デイは、サービスの質を犠牲にすることなく、クライアントの時間的制約に対応するためのスピードが重要であることを理解しています。予算とスケジュール通りに業務を完了してきたジョーンズ・デイの実績は、クライアントから高い評価を得ています。
  • ジョーンズ・デイは、ブルームバーグの取引件数に基づく不動産M&Aリーグテーブルで2003年から毎年上位にランクインしています。
 
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.