Open House in the Desert

不動産取引に対するCFIUSの審査対象範囲の拡大

米国財務省は、一定の不動産取引を対米外国投資委員会(以下「CFIUS」)の審査の対象とするための初となる規則案を公表しました。当該規則案に対して意見を有する関係者は、2019年10月17日までにかかる意見を提出する必要があります。

当該規則案は、外国人が関与する米国における不動産の売買、賃貸借及びコンセッション(運営権)等の一定の不動産取引に、国家安全保障の観点からの検討を持ち込もうとするものです。

従前、不動産業界の大半は、CFIUSによる審査とは無関係でしたが、今後は、外国投資家が取引に関与することによる国家安全保障上の影響の有無を評価した上、それに伴う潜在的なリスクの検討・分配を適切に行うことが必要になると考えられます。

本コメンタリーは、米国における不動産取引等に関心を有する日本企業にとって有用な情報ですので、紹介する次第です。詳細は、Jones Day Commentary “Facing FIRRMA: Expanded CFIUS Jurisdiction Over Real Estate Transactions”(オリジナル(英語)版)をご参照下さい。

【関連記事】
• “Facing FIRRMA: Proposed Regulations Expand Scope of CFIUS National Security Review Process”(CFIUSによる国家安全保障のための審査手続の拡大に関する規則案

• “Key Takeaways from the First Two Months of Mandatory CFIUS Declarations”(CFIUSに対する義務的届出制度の導入後2か月間で見えてきた重要ポイント

• “Top Ten Practical Tips for CFIUS Practice”(CFIUS実務における10のヒント

• “CFIUS Reform Legislation Update”(CFIUS改革に関する立法の最新状況


ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。