独占禁止法・競争法

独占禁止法に精通したトップランクの一体的なグローバル・チーム

複雑・困難である上に、複数の法域にまたがることが多い独占禁止法関連案件。ジョーンズ・デイは、これらの案件の取り扱いにおいて長期にわたる評判を築き上げ、世界中の重要なビジネスの中心地をカバーする一体的なグローバル・サービスを展開している数少ない法律事務所の1つです。ジョーンズ・デイは、史上もっとも困難と言われたいくつかの独禁法案件においてクライアントを代理してきました。

  • ジョーンズ・デイの独占禁止法弁護士の多くは、南北アメリカ、ヨーロッパおよびアジアの各執行機関で上級職を務めた経験を有しており、政府の調査活動や意思決定についての貴重な見識を提供することができます。
  • これらの弁護士は、複数法域での合併審査においてクライアントの重要な取引をサポートした経験を有し、政府による取引の阻止に向けた動きに対する防御に幾度となく成功してきました。
  • ジョーンズ・デイにおいては、独禁法関連訴訟担当の弁護士を含むチームが、世界中の執行機関や裁判所に持ち込まれる政府および民間の訴訟に対応しています。
  • 様々な法域の執行機関や裁判所に付託される案件への統合的・効率的なアプローチを求める企業に対し、独占禁止法・競争法のあらゆる分野で強力かつ豊富なサポートを提供しています。

マヒンドラサティヤムが世界的規模で投資家から起こされた訴訟を解決
ジョーンズ・デイは、インドの企業史上最大のスキャンダルに関連して元投資家から会社に対して提起された世界的規模の訴訟を解決しました。

ハーツが長期間争われていたダラー・スリフティ買収についての独禁法上の承認を勝ち取る
ジョーンズ・デイは、近年の案件の中でもっとも複雑な企業結合審査の一つであると考えられている23億米ドルでの買収案件について、連邦取引委員会による反トラスト法上の承認を確保しました。

トタルが競争法上の親会社の責任に関するECの見解に対して画期的な勝利を収める
欧州連合司法裁判所は、トタルの子会社であるエルフ・アキテーヌによるカルテル案件について責任を負うとした一般裁判所判決及び欧州委員会決定を覆しました。

グッドリッチが184億米ドルで複合企業のユナイテッド・テクノロジーズと合併
ユナイテッド・テクノロジーズとの184億米ドルの合併に関連してグッドリッチの代理業務を行いました。この合併は、グッドリッチにとっての画期的な案件であり、商業航空宇宙産業界における同社の地位を強化するものです。

OMグループが10億米ドルで磁性材料製造のトップ企業ヴァキュームシュメルツを買収
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーのプライベート・エクイティ部門であるワン・エクイティ・パートナーズからのヴァキュームシュメルツの10億米ドルでの買収及び関連融資に関わる、ヨーロッパにおける最大のプライベート・エクイティ取引の一つの代理業務を行いました。

*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.