SchremsIIConfirmsValidityofEUStandard_SOCIA

欧州司法裁判所、EU標準契約条項の有効性を確認するも、EU米国間のプライバシーシールドは無効と判断

欧州司法裁判所は、EUのデータ保護法であるGDPRのもとで、EU標準契約条項に基づいた国際的なデータ移転に関し、適切に運用されるのであれば、有効に行うことができると判断した一方で、EU米国間のプライバシーシールドは無効であるとの判断を示しました。

この判決によって、EUデータ保護機関は、企業によるEU及びEEA域外への個人データの輸出についてより監視を強めることが予想されます。執行までの猶予期間が設けられるかは現在不確実であるため、米国へのデータ移転をEU米国間プライバシーシールドに基づき行っていた企業は、代わりの適切な安全策(SCC、グループ間移転についての拘束的企業準則など)を迅速に導入すべきです。

他方、標準契約条項の有効性は維持されましたが、データを移転する欧州企業は、標準契約条項に基づいてデータを移転する前に、データ移転先である第三国におけるデータ保護の程度について検討し、データの輸入者において、その国で適用される法律により、標準契約条項の義務を遵守できないことが認められる場合には、データ移転自体を中止することが求められます。

このコメンタリーは、欧州に拠点を有する日本企業の米国への個人データの移転実務に影響を与える重要な問題となりますので、紹介する次第です。詳細はJones Day Commentary “Schrems II Confirms Validity of EU Standard Contractual Clauses, Invalidates EU–U.S. Privacy Shield”(オリジナル英語版)をご参照ください。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。

 
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.