LIBOR

米国証券取引委員会、LIBORからの移行に関するステートメントを公表

米国証券取引委員会(SEC)の複数の部局が、2021年12月末に廃止が予定されているLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)からの移行に関する共同ステートメントを公表しました。このステートメントにおいては、米国の上場会社及びその他のSECに登録されている事業者(証券会社及び投資助言業者等)がLIBORの廃止に関して検討・対応すべき事項について、詳細に述べられており、米国の上場会社及びその他のSECに登録されている事業者は、LIBORの廃止に関連するリスク分析を積極的に行うことが求められています。

本コメンタリーは、世界的な影響が大きいと考えられるLIBORの廃止に関し、日本企業にとっても有用な情報ですので、紹介する次第です。詳細は、添付資料(オリジナル英語版)をご参照下さい。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。

 
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.