Digital Health Newsletter

Vital Signs: デジタルヘルス法アップデート | 2020年秋

ジョーンズ・デイのデジタルヘルス法に関するニュースレター「Vital Signs」の秋号を発行しました。

イノベーションは、依然としてヘルスケア産業の発展を推進しており、デジタルヘルスの中核を担っています。そこで、本号の“Industry Insights”セクションは、これらのイノベーション及び関連する知的財産を開発・保護するにあたり重要な考慮事項に焦点を当てています。各国の規制当局は、(i) 米国食品医薬品局による“Digital Health Center of Excellence”の設置の公表及び“Pre-Cert Program”の推進や(ii)欧州委員会による新たな接触追跡及びその相互運用のアプリ・機能の導入といった、イノベーションを促進する政策を打ち出しています。また、イノベーションが新たな医療機能の開発をもたらしていることに伴い、米国及びEUにおいて、規制当局は、新たな医療費償還ルールや微妙な規制上の要求事項を導入しようとしています。これらの新たな規制上の要求事項(及び増加している訴訟及び法執行)を勘案すると、デジタルヘルスの提供に関する自社のコンプライアンス機能及び戦略に注意を払うことが求められています。ジョーンズ・デイのデジタルヘルスチームは、これらの微妙なデジタルヘルス法上の要求事項及びコンプライアンス上の考慮事項に深く関与し、理解し、クライアントの皆様を支援する用意を整えています。

このニュースレターは、デジタルヘルスに関心を有する企業等にとって有用な情報ですので、紹介します。詳細は、“Vital Signs: Digital Health Law Update | Fall 2020”(オリジナル英語版)をご参照ください。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。