IP_Protection_of_Artificial_Intelligence_in_Europ

ヨーロッパにおけるAIに関する知的財産の保護:「個別対応」の必要性

AIの利用は、異なる産業及び研究分野に渡る重大な変革的な発展を可能とします。この分野には多大なリソースが投資されることから、AIソリューションの技術的側面及びAIによりもたらされる成果物について知的財産による保護が求められるところ、ヨーロッパにおいても複数の知的財産権の保護手段から選択することが可能です。AIに関する発明に対する特許付与の状況は、いまだ進展中です。欧州特許庁は、その最新の改訂審査ガイドラインにおいて、AIに関する特許付与のいくつかの側面について対応をしていますが、基礎的な論点に対する欧州特許庁の審判部及び各国の特許庁による判断は、数年先となる可能性があります。同様のことが、EUにおける新たなトレードシークレット指令及びこれを国内法化した様々な各国法についてもあてはまります。多くの場合、知的財産の保護を最大化するためには、AI関連発明の異なる側面に適用される知的財産権を組み合わせて保護することを検討すべきであるといえます。

本コメンタリーは、ヨーロッパにおけるAIに関する知的財産の保護の状況についてまとめたもので、日本企業にとっても有用な情報ですので、紹介します。 詳細は、Jones Day Commentary “IP Protection of Artificial Intelligence in Europe: Tailor-Made Solutions Required”をご参照下さい。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。

 
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.