When Innovation Invents

イノベーションが発明するとき:AIに関する米国特許商標庁における課題

In Short

The Situation: Artificial intelligence ("AI") is growing more powerful and gaining application in many areas. AI can now create new innovation on its own, without a human inventor—a capability that will only expand as technology progresses. Whether patent protection should be available for innovation invented by AI remains an open and pressing issue.

The Result: Two recent patent applications seek patent protection for inventions that were created autonomously by AI without a human inventor. The applicants want the AI to be deemed the inventor and the AI's owners to receive the patent rights. The United States Patent and Trademark Office ("PTO") is now exploring the relationship between AI and patent law, seeking public comment by October 11, 2019.

Looking Ahead: The two patent applications, and the PTO's examination of AI-related issues, may set the stage for future AI innovation. Entities that use AI in their creative processes should track these developments and adjust the use of AI accordingly to become eligible for patent protection.

現在、AIは、人間である発明者の関与なしに、自律的に新たなイノベーションを創作できるまでに至っていますが、AIが発明したイノベーションが特許による保護の対象となりうる発明であるかは、未解決の課題となっています。

米国において、近時、人間の関与を伴わずにAIが自律的に創作した発明に対する特許保護を求める2件の特許申請がなされました。同特許申請では、AI自身を発明者としています。また、米国特許商標庁は、現在、AIと特許法との関係について検討しており、2019年10月11日までパブリックコメントを求めています。

これらの特許申請及び米国特許商標庁における検討は、将来のAIによる発明のための舞台を整えるものになる可能性があり、自社技術の開発等にAIを使用する企業は、その進展を見守るべきものと考えられます。

本コメンタリーは、AIに関心を有する日本企業にとって有用な情報ですので、紹介する次第です。詳細は、Jones Day Commentary “When Innovation Invents: AI Issues at the U.S. Patent and Trademark Office”(オリジナル英語版)をご参照下さい。

Three Key Takeaways

  1. Two patent applications are testing whether artificial intelligence can qualify as an inventor under U.S. patent law, even as AI is still an emerging technology.
  2. The PTO is considering, and seeking public input on, its approach to AI. Those who wish to provide comments to the PTO on these issues must do so by October 11, 2019.
  3. The recent patent applications and PTO evaluation may set the course for future AI innovation, exploring new questions of law and policy.

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。

 
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.