Australia Electricity Infrastructure bill_SOCIAL

オーストラリア、2021年海洋電力インフラ法案を提出

オーストラリアでは、海洋再生可能エネルギープロジェクトに対する規制の枠組みがないため、この分野への投資はほとんど行われていませんでした。2020年、オーストラリア政府は、海洋再生可能エネルギープロジェクトのための規制の枠組みを構築することを約束しました。

2021年9月2日、2021年海洋電力インフラ法案がオーストラリア議会に提出されました。本法案は、沿岸から3海里以遠の連邦の水域における海洋の電力インフラプロジェクトの建設、試運転(及び廃棄)、操業及び保守を規制することを意図しています。

本法案は、可決されれば、オーストラリアの海洋再生可能エネルギー分野への投資を促進するために必要な規制上の確実性及び許認可に関する方針を提供することが期待されます。本法案により、そのほとんどが洋上風力発電プロジェクトへの投資になると予想されていますが、オーストラリアの海洋再生可能エネルギー分野への数十億ドル規模の投資が可能になります。

本コメンタリーは、オーストラリアでの再生可能エネルギー事業への投資を検討している日本企業にも関心のあるトピックと考えられることから紹介する次第です。詳細は、Jones Day COMMENTARIES “Australia Introduces the Offshore Electricity Infrastructure Bill 2021”(オリジナル英語版)をご参照下さい。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。