CaliforniaVotersAdopttheCaliforniaPrivacyRi

カリフォルニア州プライバシー権法、住民投票により採択

カリフォルニア州消費者プライバシー法(「CCPA」)の施行後1年を待たずに、2020年11月3日、カリフォルニア州は消費者プライバシーに関する住民投票を行い、その結果、カリフォルニア州プライバシー権法(「CPRA」)が承認されました。これによって、CCPAが改正され、個人の権利の追加など規制がさらに拡大されることとなります。また、消費者プライバシーに特化した施行当局となるカリフォルニア州プライバシー保護局が新しく設置されます。

CPRAの実体法規定は2023年1月1日に施行されますが、施行規則は、2022年7月1日までに制定される見込みです。CPRAとCCPAでは、対象事業者の定義も異なります。対象となる企業は、現行のプライバシー遵守プログラムを、新しい義務を取り入れるために注意深く見直す一方、今後の施行規則の制定の動向を見守っていく必要があります。

本コメンタリーは、米国カリフォルニア州で事業を行う企業、またそのようなグループ会社を有する企業に関心のあるトピックと考えられることから紹介する次第です。詳細は、Jones Day Commentary “California Voters Adopt the California Privacy Rights Act”(オリジナル英語版)をご参照ください。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。

 
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.