オーストラリア:2021年1月1日より外国投資の枠組みの大幅な変更が始動

オーストラリア政府は、外国投資の審査の枠組みに大幅な変更を加えました。この変更における最も重要な点は、オーストラリアの国家安全保障上もセンシティブな不動産や事業の買収の審査を強化したことです。

オーストラリアで事業や不動産を取得する投資家や企業が国家安全保障に関わる事業について直接権益を取得することについて、外国投資審査委員会(Foreign Investment Review Board)の承認を得るための義務が強化されました。また、オーストラリア政府は、国家安全保障上のリスクをもたらす可能性のある買収や行為を審査するための新たな「審査請求権」及び過去に承認された取引を審査するための「最終審査権」を含めて、海外からの買収を審査する権限を強化しています。

オーストラリアでの M&A を進めようとしている企業は、外国投資審査委員会に対する通知又はその承認が必要かどうか、またオーストラリアの国家安全保障上もセンシティブな不動産や事業の取得を伴う取引であるかどうかについて、特に注意を払う必要があります。既にオーストラリアで投資を行っている企業も(センシティブな産業であるかどうかに関わらず)、自らの投資における受動的な動きが今や外国投資規制の下での義務を発生させる可能性があるため、これをモニタリングする必要があります。

本コメンタリーは、オーストラリアにおける海外投資を考えている日本企業及び既に投資を実行している企業にも関心のあるトピックと考えられることから紹介する次第です。詳細は、Jones Day COMMENTARIES “Significant Changes to Australia's Foreign Investment Framework Commenced on 1 January 2021”(オリジナル英語版)をご参照下さい。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。