ImpactoftheCOVID19OutbreakInternalInvestigations

COVID-19の発生が社内調査に与える影響:世界的なパンデミックの中で調査を行うか、またどのように行うか

企業は、新型コロナウィルス(COVID-19)の発生により無数の問題に直面しています。その一つとして、従業員による不正の申立てにどのように対応するのか(渡航制限、 外出禁止令と社会的距離に関する指導を考慮して社内調査を行うか否か、またどのように行うかを含む。)という点があります。記事では、調査に関する優先順位をパンデミックの状況をふまえて決定するために考慮すべき事項を議論し、既存の又は新規の申立てに責任を持って対処するためにとる手段に関する実務的な情報(書類の保存及び収集の方法、遠隔での証人のインタビュー及び秘匿特権の保護を含む。)を提供しています。

本ホワイト・ペーパーは、世界的なパンデミックの状況下における社内調査に関し、日本企業にとっても有用な情報ですので、紹介します。詳細は、添付資料(オリジナル英語版)をご参照下さい。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。

 
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.