大沢 拓Osawa,Taku

カウンセル

東京 + 81.3.6744.1640

大沢拓は、大阪国税局調査第一部にて任期付公務員の執務経験を有しており、主に移転価格税制を担当しています。税務調査対応、及び、移転価格文書及びグループ企業間取引契約の作成等の業務を行っています。

上記に加えて、大沢は国際紛争事件も多く取り扱っており、日本の裁判所での訴訟及び裁判手続の経験が豊富です。特に不動産関連紛争の経験を多く有しています。

担当案件

  • Chevron and MOECO agree to explore advanced closed loop geothermal pilot in Hokkaido, JapanJones Day advised Chevron New Energies on its agreement with Mitsui Oil Exploration Co., Ltd (MOECO) to proceed with the pilot testing of advanced geothermal technology, specifically advanced closed loop (ACL) technology.
  • Japanese industrial conglomerate settles product liability claimsJones Day represented a Japanese industrial conglomerate in relation to damage claims for the alleged supply of defective electronic components for the solar industry.
  • 講演

    • February / March 2018
      移転価格セミナー:移転価格文書化制度と対応の最新の状況について
    • October 2017
      移転価格セミナー:移転価格文書化制度と対応の最新の状況について
    • June 2017
      ジョーンズ・デイ国際税務セミナー:移転価格文書化
    • March 2017
      国際税務研究会: 平成28年度改正で導入された新移転価格文書の実務
    • July 2016
      大沢拓弁護士入所