Digital Health Newsletter

Vital Signs: デジタルヘルス法アップデート | 2020年冬

ジョーンズ・デイのデジタルヘルス法に関するニュースレター「Vital Signs」の第1号を発行しました。今後は、各4半期の初めを目途にニュースレターを発行し、デジタルヘルスに影響を与える重要な法律及びレギュレーションに関する最新トピックを紹介する予定です。

このニュースレターは、複数の法分野(サイバーセキュリティ、医療規制、知的財産、訴訟、税務、取引)にまたがる多様な情報のなかから、デジタルヘルスにかかわる複雑な問題をユーザーフレンドリーな形式で提示しています。このニュースレターの各セクションは、関連する法令及びレギュレーションに関する資料へのリンクを含んでおり、主要な最新の法律及びレギュレーションに関する参照資料として役立てることができます。

本号は、「インダストリー・インサイツ」からはじまります。このセクションでは、特に今後10年間において、異なる産業に属するステークスホルダーが、デジタル・ヘルスのビジョン、コラボレーション及び活用をどのように進めていくであろうかといった包括的なトピックについて検討をしています。また、本号は、(i)米国連邦政府によるFDAのデジタルヘルス・アプローチの合理化及びメディケアの遠隔治療に対する償還の推進に焦点をあてた活動並びに法執行の対象及び方法の変化、(ii)米国各州における遠隔医療とデータプライバシーに関する立法の動向、(iii)ヨーロッパにおける、プライバシー、クロスボーダー・サービス、機器開発及び相互運用性をカバーするデジタルヘルス政策、(iv)メキシコにおける遠隔医療を支援するデジタル仲介業者への新たな税制、(v)日本における薬機法の改正について、紹介しています。

このニュースレターは、デジタルヘルスに関心を有する企業等にとり、有用な情報となると思い、紹介させていただきます。詳細は、“Vital Signs: Digital Health Law Update | Winter 2020”(オリジナル英語版)をご覧ください。

ジョーンズ・デイの出版物は、特定の事実関係又は状況に関して法的助言を提供するものではありません。本書に記載された内容は、一般的な情報の提供のみを目的とするものであり、ジョーンズ・デイの事前の書面による承諾を得た場合を除き、他の出版物又は法的手続きにおいて引用し又は参照することはできません。出版物の転載許可は、www.jonesday.comの“Contact Us”(お問い合わせ)フォームをご利用ください。本書の配信、および受領により弁護士と依頼人の関係が成立するものではありません。本書に記載の見解は執筆担当者の個人的見解であり、当事務所の見解を反映したものではありません。