環境・社会・ガバナンス(ESG)

環境・社会・ガバナンス(ESG)

気候変動、持続可能性、人権、株主アクティビズムなどのビジネス上の問題がグローバル市場に影響を与え続ける中、企業、投資家および取締役は、これらの要因が自社のビジネスにどのような影響を与えるのか、また、どのように規制や市場の変化に繋がっていくのかを理解する必要があります。環境・社会・ガバナンス(ESG)は、企業、投資先または国家が持続可能で責任感があり、かつ、倫理的であるか否かを判断するための主な要因であり、長期投資への影響を与えるため、純粋な財務的指標にとどまらないものです。ジョーンズ・デイのインサイトでは、気候変動と関連訴訟、持続可能な金融取引、インパクト投資、サプライチェーンと人身売買などの人権問題、コーポレートガバナンス、株主アクティビズムといった一般的にESGに分類される事項に関連する様々な問題を取り上げています。