ジョーンズ・デイ・コメンタリー:取締役会の議長選択がCEOの報酬に影響を与えるとするISS報告に対する疑問

2016年3月、議決権行使助言会社であるインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は、「社内取締役」が取締役会の議長を務める会社のCEOは、「社外取締役」が取締役会の議長を務める会社のCEOに比べ、高額の役員報酬を得ているという報告を出しました。かかる報告は、重要な情報を見落とし、疑わしい統計分析を採用し、CEO役員報酬に関するルールを無視し、根拠のない結論を示すものといえます。一般に報酬委員会が、報酬水準と業績を連動するよう努めていることを考えると、株主がやみくもに本報告の勧告に従うことは、会社、ひいては株主自身を害することになりかねません。

上記は、近時日本でも株主への影響力を増すISSの活動及び益々導入の進む社外取締役について、上場企業にとって有益な情報として紹介します。

詳細は、Jones Day Commentary “Questioning Recent ISS Study on the Impact of Board Leadership Structures on CEO Pay”(オリジナル(英語)版)をご参照ください。
*We use cookies to deliver our online services. Details of the cookies and other tracking technologies we use and instructions on how to disable them are set out in our Cookies Policy. By using this website you consent to our use of cookies.