| 印刷 | PDF | Email Page

Takuya Ohno
Associate

連絡先

(T) +32.2.645.15.64
(F) +32.2.645.14.45

学歴

  • パリ弁護士修習所(EFB) (2015年、弁護士適格証明(CAPA))、 パリ第1大学(パンテオン・ソルボンヌ大学) (2012年、EU法修士)、 慶應義塾大学 (2010年、法学士、パリ政治学院へ1年間交換留学)

弁護士登録

  • パリ

大野拓也は、フランスの弁護士資格を有する日本人弁護士です。主にEU・フランス競争法及び独占禁止法の分野を担当しており、カルテル、競争制限的協定、市場支配的地位の濫用、企業結合等に関するアドバイスを行っています。

大野拓也の最近の主な事例としては、EU・国際カルテル及び企業結合に対する競争当局の調査に関する助言があります。カルテル調査に関しては、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)カルテルや電力ケーブルカルテル等の大型案件において欧州委員会との対応を行い、現在も複数の案件に関与しています。企業結合審査に関しては、日用品大手ニューウェル・ラバーメイドによる同業のジャーデンの160億ドルでの買収や、コムスコープによるTEコネクティビティのテレコム事業の30億ドルでの買収に関与し、複数の国において競争当局との対応を行いました。

また、大野拓也はEUで活動する日本企業や業界団体に多く助言しており、EU法・EU競争法について講演を行っています。

大野拓也はフランスの弁護士登録をする以前は、ジョーンズ・デイに研究員として2年間勤務していました。また、ロレアルの法務部・競争法部門に勤務した経験も有しています。


使用言語

日本語、英語、フランス語
Takuya Ohno